市場ニュース

戻る
2015年10月08日13時35分

【市況】13時30分時点の日経平均は144円安、富士重、ソニー、日本電産は下げ幅拡大


13時30分時点の日経平均は前日比144.84円安の18178.14円。18200円台前半での推移が続いていたが、やや下げ幅を拡大している。13時30分には本日の安値1817.14円をつけた。14時に後場の取引を開始する上海総合指数を警戒か。

東証1部の値下がりは549銘柄、値下がりは1255銘柄。売買代金上位銘柄では、東芝<6502>、パナソニック<6752>、伊藤忠<8001>、日産<7201>、マツダ<7261>などがしっかり。一方、富士重<7270>、ソニー<6758>、日本電産<6594>は下げ幅を拡大している。

【東証一部の騰落状況】
値上がり数 549
値下がり数 1255
変わらず 93
値付率 99.8%

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均