市場ニュース

戻る
2015年10月08日13時06分

【材料】アジア投資がストップ高目前まで買われる、TPPでアジア新興国戦略追い風に

アジア投資 【日足】
多機能チャートへ
アジア投資 【日中足】

 日本アジア投資<8518>が続急騰、前日に続きストップ高寸前まで買われる場面があった。同社はベンチャーキャピタルの独立系大手で、アジアなど海外向け投資で強みを発揮する。市場では「TPPが合意に至ったことで国土交通省はアジアを重点地域とするインフラで海外展開を加速するとみられ、つれて同社の活躍余地が広がる」(国内中堅証券営業体)と指摘されており、同社株は急騰習性に富むだけに短期資金の格好のターゲットとなっている。また、「中国リスクでこれまで下値模索の展開を続けてきたが、その反動もある。国慶節に伴う休場明けの上海株式市場が大きく上値を追っていることも買いを助長している」(国内ネット証券大手)という見方も出ていた。

アジア投資の株価は13時1分現在479円(△39円)



出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均