市場ニュース

戻る
2015年10月08日10時49分

【経済】(中国)上海総合指数は大幅高でスタート、年内米利上げ懸念の後退などで


連休明けとなる8日の上海総合指数は大幅高でスタート。前日比3.38%高の3156.07ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、2.74%高の3136.32ptで推移している。年内の米利上げ懸念の後退に伴う欧米株の上昇が支援材料。国内では、中国人女性学者がノーベル医学生理学賞を受賞したことを受け、製薬など関連銘柄に買いが集中している。また、環境対策の強化や支援策の発表に伴い、エコカーや鉄道、原子力発電などにも買いが継続している。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均