市場ニュース

戻る
2015年10月08日09時06分

【材料】東武住販が買い気配、6-8月期(1Q)経常は3.5倍増益で着地

東武住販 【日足】
多機能チャートへ
東武住販 【日中足】

 7日、東武住販 <3297> [JQ]が決算を発表。16年5月期第1四半期(6-8月)の経常利益(非連結)が前年同期比3.5倍の1.3億円に急拡大して着地したことが買い材料。

 主力の不動産売買事業で中古住宅の再生販売が大きく伸びたほか、不動産売買仲介手数料も増加し、34.4%の大幅増収を達成したことが寄与した。

 上期(6-11月)計画の1.9億円に対する進捗率が67.5%に達したことで、業績上振れを期待する買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均