市場ニュース

戻る
2015年10月07日19時01分

【テク】日経平均テクニカル:ボリバン中心値(25日)と+1σとのレンジ内での推移


7日の日経平均は、6営業日続伸。利食い優勢の展開となったが、25日線が支持線として機能する格好から下ひげを残しての切り返し。前日の陰線を吸収する格好での陽線を形成している。5日線の切り上がりから、25日線とのクロスが近づく。一目均衡表では基準線が支持線として機能している。遅行スパンは下方シグナルが継続しているが、実線をしから上に向けて交差してきており、上方転換シグナル発生が近づいている。雲下限が位置する19000-19200円辺りを意識したトレンド形成に期待。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と+1σとのレンジ内での推移。週間形状の一目均衡表では雲上限での攻防。雲上限が支持線に変わるようだと、雲上限の切り上がりに沿ったリバウンドが意識される。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均