市場ニュース

戻る
2015年10月07日13時36分

【材料】JALが反落、欧州大手証券はジェット燃料価格低下をポジティブ視して業績予想引き上げ

JAL 【日足】
多機能チャートへ
JAL 【日中足】

 JAL<9201>が6営業日ぶりに反落。後場に前日比180円(4%)安の4255円まで売られている。きょうは、クレディ・スイス証券のリポートが確認されている。
 同証券は、同社の搭乗率の上昇やジェット燃料価格の低下見通しが最終利益に及ぼす影響を勘案し、税引後純利益予想を16年3月期は4%、17年3月期は18%引き上げ、それぞれ1784億円、1950億円とし、投資評価は「アウトパフォーム」を継続している。
 同証券ではまた、同社は燃料のヘッジ構造に優れ、コストはANAホールディングス<9202>よりも急速な縮小が予想されると解説。目標株価は6700円から6800円へ引き上げられた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均