市場ニュース

戻る
2015年10月06日09時51分

【市況】概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は反発、欧米株高を受けて


【ブラジル】ボベスパ指数 47598.07 +1.20%
5日のブラジル株式市場は続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比564.61ポイント高(+1.20%)の47598.07で取引を終えた。47018.61から48081.44まで上昇した。指数構成銘柄での値上がりは47、値下がりは17、変わらず0であった。

米連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測が後退したことや、NY原油先物が続伸したことが、新興国・資源国ブラジルの株高につながったとの見方。また、前週末に発表されたルセフ政権の内閣改造も引き続き下支えとなったもよう。なお、ブラジル中銀発表の週次エコノミスト調査では、2015年の経済成長率見通しが-2.85%(前回-2.80%)、インフレ見通しが9.53%(前回9.46%)となり、引き続き悪化した。

【ロシア】MICEX指数 1652.47 +2.47%
5日のロシア株式市場は反発。主要指標のMICEX指数は、前日比39.91ポイント高(+2.47%)の1652.47で取引を終了した。1618.14から1654.73まで上昇した。


ウクライナで、分離派(親ロシア派)が東部地域の進駐ラインから撤退を決定したとされ、欧米からの新たな経済制裁は回避できるとの思惑が、ロシア株の上昇につながったとの見方。また、米連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測の後退、欧米株高、ブレント原油先物の上昇(一時49.87ドル)なども、買い材料になった。

【インド】SENSEX指数 26785.55 +2.15%
5日のインSENSEX指数は上昇。前日比564.60ポイント高(+2.15%)の26785.55、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同168.40ポイント高(+2.12%)の8119.30で取引を終えた。

高く寄り付いた後もじり高となり、日中の高値圏で取引を終えた。この日発表された経済指標は特になかったが、アジア株の上昇や欧米株高への期待が指数の上昇を促す要因となったようだ。2018年度までに財政赤字の規模を国内総生産(GDP)の3%以内とする政府目標の達成は十分可能との見方が広がっており、対内投資が中期的に増加するとの見方は株式市場に対する支援材料になるとみられている。

【中国本土】休場

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均