市場ニュース

戻る
2015年10月06日09時03分

【市況】個別銘柄戦略:資源関連株の反発の勢いや自動車関連株に関心


世界的株高の流れを受けて買い先行の展開が見込まれる。TPP合意は前日の段階で相当程度織り込み、買い一巡後は上値が重くなる可能性もあるが、金融決定会合前に思惑主導の動きも想定され、前日に上昇が目立った資源関連株の動きなどから、一段と買戻しの動きが強まる余地もあろう。TPP関連では、前日の動きが相対的に目立たなかった自動車関連株に注目。本格的に評価されるような流れとなれば、全体相場に対するポジティブな影響も期待できよう。日本人のノーベル賞受賞を受けて、医薬品関連株などにも関心は高まりやすいか。ほか、一部外資系証券では食品セクターのカバレッジを開始しており、セクター内での選別の動きが強まるか注目される。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均