市場ニュース

戻る
2015年10月05日19時08分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】共産・小池議員:日本共産党の国民連合政府提案が、世論調査の対象となったこと自体が画期的


共産党の小池議員は「日本共産党の国民連合政府提案が、世論調査の対象となったこと自体が画期的。この提案が現実政治に影響を与えていることの反映。しかも、4割近くの方から期待を寄せていただいていることはたいへん心強い。この期待にこたえていく責任を痛感する。」とツイート(10/05)。

状況は流動的だが、きっかけひとつでかつてない規模での政界再編が一気に進む可能性がある。株式市場はTPP大筋合意や日銀10月緩和で熱くなっているが、中長期的には大規模な政界再編が株式市場により大きな影響を及ぼす可能性があるとの声が聞かれている。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均