市場ニュース

戻る
2015年10月05日16時42分

【市況】キユーピーの第3四半期は増収増益、調味料やサラダ・惣菜事業など好調、タマゴ商品の価格改定も寄与

 キユーピー<2809>は5日引け後、15年11月期第3四半期(14年12月~15年8月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比4.5%増の4315億6500万円、営業利益は同15.1%増の211億9200万円で着地した。
 調味料事業やサラダ・惣菜事業、物流システム事業などの好調や、加工食品事業でアヲハタ<2830>の連結子会社化が増収につながった。タマゴ商品の価格改定や物流システム事業のコスト改善、海外事業の伸びが利益を押し上げた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均