市場ニュース

戻る
2015年10月05日14時53分

【市況】国内有力証券、25日線など上値抵抗を抜ければ目先底入れの可能性が高まるとの見方

 証券ジャパンの見通しでは、今週の東京市場は下値固めの展開を想定。追加金融緩和期待が支えとなるものの、上値を買う材料にも乏しいことから海外市場睨みの展開が続くとみて、業績好調な小売りセクターや業績進捗率の高い銘柄などが物色されると解説。
 日経平均のテクニカルでは、25日移動平均線(2日現在1万8054円)や8月28日高値1万9192円を起点とする上値抵抗線を抜ければ、目先底入れの可能性が高まり、200日線や8月28日高値を目指す動きとになるとみて、上値抵抗線を抜けないと再度下値模索となり、8月25日、9月8日、9月29日の安値を結んだ下値傾向線の延長線上(同1万6820円)が下値メドになると解説している。
《MK》

株探ニュース


日経平均