市場ニュース

戻る
2015年10月05日14時48分

【市況】国内大手証券、ポジティブカタリストが期待でき不透明な相場環境に打ち勝てる中小型銘柄

 大和証券の中小型株リポートでは、中国経済リスクを端緒とした国内景気悪化懸念により、中小型株もその影響を受けていると指摘。下期に向けて業績見通しの下振れを余儀なくされる企業が出てくることが予想されるなか、独自の中長期の成長要因や短期業績でポジティブカタリストが期待でき、不透明な相場環境に打ち勝てる銘柄群のスクリーニングを実施。
 個別では、福井コンピュータホールディングス<9790>、M&Aキャピタルパートナーズ<6080>、船井総研ホールディングス<9757>、あいホールディングス<3076>、フェローテック<6890>、中村超硬<6166>、関東電化工業<4047>、物語コーポレーション<3097>、くらコーポレーション<2695>、三菱鉛筆<7976>、りらいあコミュニケーションズ<4708>、トランス・コスモス<9715>をピックアップしている。
《MK》

株探ニュース


日経平均