市場ニュース

戻る
2015年10月05日14時05分

【市況】14時時点の日経平均は前日比311円高、33業種全てが上昇に


14時時点の日経平均は前週末比18036.61円高の311.48円で推移している。上値抵抗線として意識されている25日線を捉えてきており、上げ幅は300円を超えてきている。TPP交渉の進展期待が高まっているなか、売り込まれていセクターなどを買い戻す動きもみられている。



東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1400を超えており、全体の7割を占めている。セクターでは利食いに押されていた倉庫運輸、ゴム製品、銀行などもプラス圏を回復しており、33業種全てが上昇している。売買代金上位では、全般堅調な中で、ジグゾー<3914>、日立<6501>、富士重<7270>、日産自<7201>などが冴えない。

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均