市場ニュース

戻る
2015年10月05日13時26分

【材料】日特殊陶が続伸、国内大手証券はディーゼル排ガス問題の影響は小さいとの見解

特殊陶 【日足】
多機能チャートへ
特殊陶 【日中足】

 日本特殊陶業<5334>が4営業日続伸。寄り付き直後に前週末比82円(2.8%)高の3035円まで買われ、後場も堅調展開。SMBC日興証券は、同社についてリポートをリリースしている。
 同証券は、「同社のディーゼルエンジン向け部品販売は、ガソリンエンジン向けと比較して小さいため、排ガス問題が同社に与える影響は限定的、むしろ環境規制の強化で中期的にプラスになる可能性が高いと考える」としたうえで、電子部品セクター内相対評価に基づく投資評価「1」(アウトパフォーム)を継続している。ただ、同社に対する業績予想を下方修正し、目標株価は4300円から3800円へ引き下げられた。
《MK》

株探ニュース

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均