市場ニュース

戻る
2015年10月05日13時04分

【市況】13時時点の日経平均は前日比299円高、グレンコアの上昇が資源関連株への刺激に


13時時点の日経平均は前週末比299.38円高の18024.51円で推移している。朝方に18000円を回復後はこう着感の強い展開だったが、後場に入り再び18000円を回復すると、本日の高値を更新してきている。



セクターでは鉱業、卸売が3%超の上昇となっているほか、鉄鋼、石油石炭、機械、空運、医薬品、非鉄金属などが2%超の上昇。スイスの資源大手グレンコアの株価が足元で乱高下するなか、本日は香港市場で一時26%超の上昇となったようだ。これが安心感にもつながり、素材・資源関連を中心に強い動きが目立つ。また、TPP交渉の進展期待も高まっている。

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均