市場ニュース

戻る
2015年10月05日11時06分

【材料】大有機化が反落、自社株買いと第3四半期好決算を発表も利益確定売りで値を消す

大有機 【日足】
多機能チャートへ
大有機 【日中足】

 大阪有機化学工業<4187>が朝高のあと利益確定売りに押されマイナスに転じている。前週末2日の取引終了後に自社株買いを発表。上限を55万株(発行済み株式数の2.40%)、または3億8500万円としており、取得期間は10月5日から来年1月29日まで。うち7万株については、この日寄り前に立会外取引で取得しており、取得価額の総額は4550万円だった。
 前週末2日に発表した第3四半期累計(14年12月~15年8月)連結決算は、売上高178億2000万円(前年同期比2.6%増)、営業利益11億6100万円(同14.8%増)、純利益8億8500万円(同26.6%増)と2ケタ増益で着地した。自動車塗料樹脂の販売が堅調に推移したほか、半導体材料の需要好調などが売り上げを牽引したことに加えて、化成品事業で償却負担が減少したことも利益増に寄与した。
 なお、15年11月期通期業績予想は、売上高239億7000万円(前期比0.8%増)、営業利益17億4600万円(同28.6%増)、純利益12億500万円(同35.2%増)の従来予想を据え置いている。

大有機化の株価は11時5分現在632円(▼18円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均