市場ニュース

戻る
2015年10月05日09時36分

【市況】9時30分時点の日経平均は前日比252円高、18000円乗せ後は高値もち合い


9時30分時点の日経平均は前週末比252.23円高の17977.36円で推移している。寄り付き直後に8営業日ぶりに18000円に乗せる局面をみせたが、その後は高値圏でのこう着。同水準に位置する25日線が心理的な上値抵抗として意識されているようである。寄り付き段階では東証1部の値上がり数は1400を超えていたが、やや減少してきている。

売買代金上位では、トヨタ<7203>、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクグ<9984>、メガバンク3行、ソニー<6758>、三井物<8038>、OLC<4661>、村田製<6981>などが堅調。一方で富士重<7270>が下げに転じているほか、キヤノン<7751>も冴えない。

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均