市場ニュース

戻る
2015年10月03日02時51分

【市況】NY金:反発で1136.60ドル、米FRBの年内利上げ観測後退で買い(訂正)


下記のとおり修正します。
(誤)反発で1136.30ドル (COMEX金12月限終値:1136.30↑22.60)
(正)反発で1136.60ドル (COMEX金12月限終値:1136.60↑22.90)

NY金は反発(COMEX金12月限終値:1136.60↑22.90)。1108.20ドルから一時1140.90ドルまで上昇した。この日発表の米国の9月雇用統計で、非農業部門雇用者数が予想を下回る14.2万人増にとどまり、8月分も13.6万人増へ大きく下方修正されたことから、連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測が後退。


米国10年債利回りが2%を割り込んでドル安となり(ユーロ・ドル一時1.1318ドルに上昇、ドル・円118円69銭に下落)、米経済の先行きに対する懸念から一時大幅な株安となったことで(NYダウ一時258ドル安)、金の買いが急速に強まった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均