市場ニュース

戻る
2015年10月02日14時26分

【材料】国内証券、カバレッジしているすべての運輸・倉庫株は上期営業利益ガイダンス超過達成を予想

東武 【日足】
多機能チャートへ
東武 【日中足】

 SMBC日興証券の運輸・倉庫セクターの決算プレビューでは、各社とも鉄道、ホテル、食品ストア業などを中心にトップラインが会社計画を上振れているため、すべてのカバレッジ企業で16年3月期上期営業利益ガイダンスの超過達成を予想。前年同期比で20%以上の増益が予想されるのは東武鉄道<9001>と西武ホールディングス<9024>で、JR各社は第1四半期並みかそれ以上の好調なトップライン増収モメンタムが継続していると解説。陸運各社は、概ね堅調な進捗になったと予想し、海運はコンテナ運賃低迷が利益の足を引っ張り、空運は国際線旅客事業の好調が続いていると想定。業種格付けは「中立」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均