市場ニュース

戻る
2015年10月02日12時57分

【市況】日経平均は14円高で後場スタート、前引け値からやや上げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17737.11 (+14.69)
TOPIX  : 1443.38 (+0.64)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値からやや上げ幅を拡大して後場の取引を開始。ランチタイムの225先物は、前場にプラス圏を回復したこともあり、その後も前日終値を上回っての推移が続いた。昼のバスケットは売り買い均衡との観測。円相場は120円00銭前後での推移と、朝方からは円安に振れて推移している。

 セクターではゴム製品の上昇率が3%を超えている。そのほか、海運、空運、パルプ・紙、輸送用機器、化学、ガラス・土石、金属製品、非鉄金属など上昇率上位に。一方で、医薬品、水産・農林、不動産、鉱業、情報・通信、電気・ガス、銀行がマイナス圏での推移となっている。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均