市場ニュース

戻る
2015年10月01日16時04分

【特集】全国保証 Research Memo(3):提携金融機関を増やすことで着実に事業基盤を拡大


■企業概要

(2)沿革

全国保証<7164>は、1981年に厚生年金転貸住宅融資などの信用保証事業を目的として設立された。同社の事業拡大の転機となったのは、1997年に民間金融機関の住宅ローン保証業務を開始したことである。信用金庫や信用組合などを中心に提携金融機関を増やすことで着実に事業基盤を拡大し、2011年3月には保証債務残高が7兆円を突破した。

2012年12月には、知名度や信用力の更なる向上を目的として東証1部へ上場すると、住宅ローンの取扱いの大きい銀行業態(地方銀行や第二地方銀行、メガバンク等)との提携が増えたこともあり、同社の業績は順調に拡大している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均