市場ニュース

戻る
2015年10月01日15時47分

【市況】<動意株・1日>(大引け)=ファーマF、ポプラ、新晃工業など

 ファーマフーズ<2929>=ストップ高。1日付の化学工業日報で「がんの新治療法として注目されている免疫チェックポイント阻害剤で、これまでにない全く新しいタイプの開発、事業化を目指す」と報じられており、中長期成長への貢献を期待する買いが入っているようだ。記事によると、現在開発されている多くの治療剤がT細胞の免疫抑制を阻害するのに対し、樹状細胞などT細胞以外の免疫抑制性細胞群の免疫抑制も同時に妨げるという。数年後にはライセンスビジネス化される見通しで、業績への貢献が待たれている。

 ポプラ<7601>=後場一段高。午後2時ごろに集計中の第2四半期累計(3~8月)連結業績について、売上高を従来予想の197億1100万円から200億7900万円(前年同期比21.7%減)へ、営業利益を同1700万円から1億500万円(前年同期2億1400万円の赤字)へそれぞれ上方修正し、これを好感した買いが入った。月次で実践してきた主要メーカー・卸とカテゴリのギャップを分析・対策するMD(マーチャンダイジング)検討会と、店頭実現力の向上を主軸とした営業改革など商品営業一体の業革が奏功した。

 新晃工業<6458>=大幅続伸。いちよし経済研究所では、大規模オフィスで選好されるセントラル空調機器の製造・販売で国内トップシェアのため、首都圏再開発による新設・改修需要の増大で業績伸張を予想。中期的には、高採算の改修需要と中国事業の進展に注目できるとして、レーティング「A」、フェアバリュー1600円でカバレッジを開始している。

 アダストリア<2685>=続急伸。同社は9月30日の取引終了後、16年2月期の連結業績予想の大幅な増額修正と増配を発表したことが好感された。売上高は1898億円から1980億円(前 期比 7.3%増)へ見直したほか、営業利益は70億円から140億円(同2.3倍)へ、最終利益は24億円から68億円(同13.5倍)へ修正した。主力ブランドのベーシックアイテムの品質改善や販売力向上などが寄与したほか、WEB事業も伸びた。値下げロスも抑制できたほか販管費も抑えられたことから利益率が改善した。

 大林道路<1896>=ストップ高。同社は9月30日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1080億円から1130億円(前期比1.9%増)へ、営業利益を同52億円から87億円(同3.4%増)へ、純利益を同31億円から58億円(同9.5%増)へ上方修正し、減益予想から一転して増益予想としたことが好感されている。足もとで工事が順調に進捗し完成工事高が増加していることに加えて、不採算工事の減少や業務効率化に努めたことによる採算性の向上などが寄与したという。

 ヤマノホールディングス<7571>=大幅高。同社は9月30日取引終了後に、和装品や毛皮品などの販売を手掛ける「すずのき」(東京都品川区)を子会社化すると発表。これを受けて、業績への寄与などが期待されているようだ。「すずのき」は、関東甲信越および東北地区に和装用品専門店など33店舗を展開している。同社は子会社化により、和装小売り事業の東日本エリアにおける新規顧客の獲得および商圏拡大を図り、企業価値の向上を目指すとしている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均