市場ニュース

戻る
2015年10月01日15時39分

【経済】中国の「2020年問題」、適齢期の独身男性が1000万人超え


中国で独身男性の人数が急ピッチに増え続けている。結婚適齢期の男女構成比のアン
バランスが拡大してきたため。80年後(80年代生まれ)世代の構成比は女性100人に
対して男性136人、70年後(70年代生まれ)では女性100人に対して男性が206人と、
男性のうち半分は結婚できない(相手が再婚者を除く)計算になるという。第一財経
日報が9月30日付で伝えた。  結婚難の要因は、いびつな男女構成比ばかりでない。
高騰を続ける「結納相場」との関連性も高い。5年前は相場は10万人民元(約190万
円)足らずだったが、現在では5割アップの15万人民元まで跳ね上がっている。「貧
乏人は一生独身しか選択肢がない」と呼べる状況だ。また、特に独身男が多いのは地
方の農村。「貧困地区=独身村」という構図がみられた。  資金のない田舎の男性
は、結婚できないばかりか、結婚詐欺の標的にもされている。西安交通大学研究所が
村落364カ所を調査したところ、男性の約3割が結婚詐欺に遭った経験があるとい
う。  しかも、このような傾向は今後も続く見通し。2020年には独身男性問題がさ
らに深刻化し、結婚適齢期に限っても1000万人を超える??との指摘もある。  国
家統計局によると、中国の総人口は、14年末時点で13億6782万人に達した。前年末比
で710万人(0.52%)増えている。総人口の内訳は、男性が7億79万人(51.2%)、女
性が6億6703万人(48.8%)。男性の数が女性を3376万人上回っている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均