市場ニュース

戻る
2015年10月01日14時19分

【材料】パイオニアが続伸、ITS関連としてじわり存在感

パイオニア 【日足】
多機能チャートへ
パイオニア 【日中足】

 パイオニア<6773>が続伸、250~260円近辺での売りを吸収してじわり水準を切り上げてきた。市場では「トヨタがITS専用周波数による運転支援システム『ITSコネクト』を世界に先駆けて実用化することを発表しており、それに絡む自動車の電装システム関連を手掛ける企業のビジネスチャンスが新たなテーマ買い対象として浮上している」(国内投資顧問)という。
 ITSコネクトは交通安全、渋滞対策などを目的として普及が見込まれる運転支援システムであり、市場の裾野は広い。そのなか同社は、独HERE社と自動運転・高度運転支援向け高度化地図の活用で協業するほか、中国の百度(バイドゥ)とも同分野で連携を図る。さらに、国内では同社が保有する車載機器向けの地図や車両位置情報などの交通ビッグデータを、NTTドコモ<9437>のクラウドサービスと連携させで同分野を深耕していく構えにあり、関連有力株としてマークする向きもあるようだ。

パイオニアの株価は14時10分現在266円(△7円)



出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均