市場ニュース

戻る
2015年10月01日10時40分

【材料】ユニチャームは切り返す、東海東京が「アウトパフォーム」継続

ユニチャーム 【日足】
多機能チャートへ
ユニチャーム 【日中足】

 ユニ・チャーム<8113>が朝方に2045円の年初来安値に叩かれたが、目先売られ過ぎとの見方も強まり、そこがダメ押しとなって反転気配をみせている。東海東京調査センターが30日付で同社の目標株価を従来の3980円から2860円に引き下げたものの、レーティングを「アウトパフォーム」継続としており、時価は値ごろ感からの押し目買いを誘う。15年12月期の連結営業利益について同調査センターでは817億円と会社計画に対し43億円未達になると予想。ただ、来期以降は、中国でのベビー用紙おむつの収益改善およびインドでの黒字転換などを見込み、2ケタ増益ペースに回復するとみている。

ユニチャームの株価は10時34分現在2155.5円(△41.5円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均