市場ニュース

戻る
2015年10月01日09時06分

【市況】個別銘柄戦略:自動車関連や通信セクターなどのリバウンドに注目


寄り前に発表された日銀短観はほぼ想定どおりの着地か。追加緩和期待などが大きく盛り上がる流れにはなりにくそうだ。本日は中国のPMIも発表される。仮に回復を見せるような内容となれば、中国市場休場の中で日本株には世界的な先回りの動きなども期待できそうだ。前日に引き続きリバーサルの動きに関心が向かう可能性。とりわけ、自動車や自動車部品メーカーなどの動向に期待したい。また、通信株には新規買い推奨でカバレッジの動きが観測されている。各社にリバウンド期待が高まっていく余地は大きいと考えられる。道路株や電線株で業績上方修正の動きがみられており、同業他社への連想感の高まりなどにも注目へ。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均