市場ニュース

戻る
2015年10月01日02時55分

【市況】NY金:続落で1115.20ドル、米雇用指標上振れで利上げ警戒から売り優勢


NY金は続落(COMEX金12月限終値:1115.20↓11.60)。1120.60ドルから1110.80ドルまで下落した。この日発表の米国の経済指標で、9月ADP雇用統計(民間雇用者数)が予想を上回る増加となったことから、連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測が強まり、金の売りが優勢になった。


一方、9月シカゴ購買部協会景気指数は予想外の50割れだったが、NYダウが一時248ドル高となるタイミングで金は安値をつけた。その後は、NYダウが上昇幅を縮小する動きに連れて、買い戻し気味になったもよう。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均