市場ニュース

戻る
2015年09月30日16時39分

【特集】ソルクシーズ Research Memo(5):自己株式をM&Aだけでなく従業員へのストック・オプションにも活用


■株主還元策

ソルクシーズ<4284>は配当政策について、「配当性向を考慮し、業績に応じた配当を心掛けつつ、できるだけ安定的な配当を継続すること」を基本方針としており、2015年12月期の1株当たり配当金は前期並みの5円を予定している。また、株主優待制度を導入しており、6月末及び12月末時点の株主に国内産コシヒカリを進呈している(200株以上を保有する株主が対象)。

なお、同社は自己株式を10%ほど保有しているが、今後はM&Aだけでなく、人材の確保・増強を目的に、社員に対するストック・オプションとしての活用も積極的に進めていきたいとしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均