市場ニュース

戻る
2015年09月30日12時52分

【材料】エン・ジャパンが大幅反発、サイトのリニューアル効果で立花証券が強気フォロー

エンジャパン 【日足】
多機能チャートへ
エンジャパン 【日中足】

 エン・ジャパン<4849>が大幅反発、一時7.7%高の3230円まで上値を伸ばした。同社は求人情報サイト大手で主力サイト「エン転職」に代表されるように転職情報で特に強みを発揮する。昨年8月に実施した「エン転職」のリニューアルが奏功し、同サイトへの出稿が急増しており、3000円を軸とする三角もち合い形成を経て株価見直しの動きが強まっている。「エン転職」の好調に加え、6月に開始したテレビコマーシャルの効果で認知度が向上、コストコントロールもうまく機能して今第1四半期(4~6月)は会社側想定超の業績を確保、4~9月期経常利益は従来予想を引き上げ前年同期比12.2%増の21億5600万円と2ケタ増益を予想している。立花証券が29日付で同社の投資判断を「やや強気」で新規にフォローしており、株高思惑が増幅された。同企業調査部では16年3月期通期経常利益について会社側が計画する41億2000万円(前期比3.3%減)は保守的とみて、45億円(同5.7%増)を予想している。

エン・ジャパン<4849>の株価は12時46分現在3230円(△230円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均