市場ニュース

戻る
2015年09月30日06時52分

【為替】NY為替:ドル・円は119円70銭、米政府機関閉鎖の懸念緩和も経済への懸念くすぶる


29日のニューヨーク外為市場でドル・円は、120円16銭まで上昇後、119円54銭へ反落し119円70銭で引けた。米国の9月消費者信頼感指数が予想外に上昇したこと。また、スイスの資源商社グレンコアが「支払能力に関する問題はない」と表明し金融不安が緩和、米国の政府機関閉鎖が回避できる可能性もでてきたことで、リスク回避の動きが後退しドル買い、円売りが一時優勢となった。その後、米国8月の財(goods)の貿易統計(速報値)で赤字が拡大、輸出が大幅に減少したため米国経済への懸念が浮上し、債券利回り低下に伴うドル売りに拍車がかかった。


ユーロ・ドルは、1.1194ドルへ下落後、1.1268ドルまで反発し1.1255ドルで引けた。予想を下振れたドイツのインフレ指標でユーロ売りが優勢となったのち、米国経済への警戒感を受けたドル売りが再燃。ユーロ・円は、134円28銭まで下落後、134円86銭まで上昇した。


ポンド・ドルは、1.5129ドルへ下落後、1.5171ドルまで上昇。ドル・スイスは、0.9742フランから0.9692フランへ下落した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均