市場ニュース

戻る
2015年09月29日13時20分

【材料】トランスG---後場急伸、グループ会社で子宮頸がんの自己採取HPV併用検査を開始

トランスG 【日足】
多機能チャートへ
トランスG 【日中足】


<2342> トランスG 740 +99
後場急伸。グループ会社のジェネティックラボにおいて、10月1日から自己採取HPV併用検査を開始すると発表している。子宮頸がんの早期発見を目的とする検査という。以前から子宮頸がんの検査として行われている「細胞診」の異常発見率は70~80%と言われているが、この細胞診にHPV検査を加えた「HPV併用検査」では発見率がほぼ100%にまで上昇すると同社は説明している。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均