市場ニュース

戻る
2015年09月29日13時04分

【材料】<後場の注目銘柄>=藤田観光、ホテル事業が好調推移

藤田観 【日足】
多機能チャートへ
藤田観 【日中足】

 藤田観光<9722>に注目したい。

 椿山荘のほか、ワシントンホテル、ホテルグレイスリーなどビジネス、観光ホテル、リゾート事業を展開している。

 特に、インバウンド(訪日外国人)需要の高まりで首都圏や京都など観光地のホテルは逼迫状態。今年4月、新宿に開業したホテルグレイスリーはゴジラをテーマにした客室などが話題となり好調に推移している。

 15年12月期の業績は、ホテル建設による費用増と箱根山噴火の影響などもあり、最終赤字の見通し。ただ、ホテルの室料上昇が寄与し来期以降は、業績のV字回復が見込める。

 椿山荘などの含み資産も大きく、株価の再評価余地は大きい。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均