市場ニュース

戻る
2015年09月29日09時36分

【材料】日特殊陶が大幅続落、和解金支払いで特損計上し9月中間期最終利益予想を下方修正

特殊陶 【日足】
多機能チャートへ
特殊陶 【日中足】

 日本特殊陶業<5334>が大幅続落。28日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績見通しについて、純利益を従来予想の213億円から111億円(前年同期比32.0%減)へ下方修正したことが嫌気されている。
 同社では自動車用スパークプラグおよび酸素センサの一部取引に関して、米国反トラスト法(独占禁止法)違反があった件について、米司法省との間で司法取引に合意しているが、これに関連して一部の顧客に対する和解金計約1億2500万ドル(約150億円)を特別損失に計上することが要因。なお、売上高は1908億円(同12.9%増)、営業利益は309億円(同5.5%増)の従来予想を据え置いている。

日特殊陶の株価は9時32分現在2689円(▼148円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均