市場ニュース

戻る
2015年09月29日09時27分

【市況】日経平均は285円安でスタート、一時474円安まで下げ幅拡大/寄り付き概況


日経平均 : 17359.38 (-285.73)
TOPIX  : 1414.47 (-24.20)

[寄り付き概況]

 日経平均は大幅に続落で始まった。8月の中国の工業企業利益が予想以上に下落したことで、中国の景気減速懸念が高まった。米国市場ではNYダウが300ドル超の下落、シカゴ先物が300円を超える下げとなるなか、これにさや寄せする格好から始まった。その後も下げ幅を拡大させており、一時474.36円安の17170.75円をつけている。

 セクターでは33業種全てが下げており、第一汽船<9132>の破綻が伝えられた海運が4%超の下落。その他、中国経済への懸念から鉄鋼、鉱業、卸売などの弱さが目立つ。米国の流れを受けて薬品株の弱さも目立っている。一方で、内需系の一角には下げ渋りの動きも。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1700を超えており、ほぼ全面安商状。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均