市場ニュース

戻る
2015年09月29日03時11分

【市況】NY金:続落で1131.70ドル、FRB年内利上げ観測で売り継続


NY金は続落(COMEX金12月限終値:1131.70↓13.90)。1127.30ドルまで下落した後、いったん1136.40ドルまで上昇した。この日発表の米国の経済指標で、8月の個人消費支出が予想を上回る伸びとなり、個人所得も増加したこと。また、ダドリーNY連銀総裁が、「本年後半にFRBは利上げ開始すると予想」と述べたことから、金の売りが先行した。


その後発表の8月中古住宅販売成約指数が、予想外のマイナスとなったことで、いったん金の買い戻しもみられた。しかし、10月2日(金)発表予定の9月雇用統計への改善警戒から、それ以降は上値が重い状態になった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均