市場ニュース

戻る
2015年09月28日12時30分

【市況】個人主体の資金は引き続き中小型株に向かいやすい/後場の投資戦略


日経平均 : 17677.12 (-203.39)
TOPIX  : 1444.04 (-9.77)

[後場の投資戦略]

 日経平均は寄り付き直後にプラスに転じ、配当落ち分を吸収した。しかし、その後はインデックスに絡んだ商いなどから失速する格好となり、結局は先週の価格レンジ内での推移となっている。寄り付き直後の失速でハシゴを外された格好ではあるが、その後は値上がり銘柄数も増えてきており、落ち着きをみせている。

 個人主体の資金は引き続き中小型株に向かいやすいほか、セクターでは内需系に。また、マイナンバーなど政策に絡んだ銘柄等への物色も根強いと考えられる。もっとも、ミクシィ<2121>などの強い動きがみられているが、マザーズの主力処への物色については、短期的な値幅取り狙いと割り切りが必要であろう。
《TT》

 提供:フィスコ

日経平均