市場ニュース

戻る
2015年09月28日09時10分

【経済】(中国)7-9月期の成長率:7%割れの可能性大=エコノミスト調査


中国メディア「経済観察報」がエコノミストを対象に実施した調査では、84%の回答者が7-9月期の成長率が7%を下回ると回答した。一連の弱い経済指標を受け、製造業が全面的に悪化していると指摘された。また、景気の底打ち時期は来年4-6月期まで先延ばされる可能性があるとの見方も出ている。

ただ、構造改革に伴う成長率の鈍化が避けられないものの、中国経済がハードランディング(硬着陸)に陥る可能性が低いとの見方が優勢だった。また、中国政府が一連の景気対策を打ち出しており、景気後退の底入れが近いと予測されている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均