市場ニュース

戻る
2015年09月27日07時00分

【市況】今週の「特異日」カレンダー(9月28日-10月9日)


―アノマリーが語る「上げやすい日、下げやすい日」―

 ここでの「特異日」とは、日経平均の日足が前日比で上げた場合を「勝ち」、下げた場合を「負け」とした時、過去10年間で「7勝以上」「7敗以上」の偏りを示す、経験則上、上昇・下落しやすい日を指します。

 今回、注目されるのは9月29日にプラス、30日にマイナスの特異日が連続すること。さらに、10月7日~9日には3日連続でマイナスの特異日が訪れる。しかも、日銀金融政策決定会合の結果発表、機械受注、G20、オプションSQといった重要イベントもこの期間に集中しているだけに、注意が必要か。

△【 7勝以上 】
  9月29日(火) ○7-●3:米個人所得・消費支出

▲【 7敗以上 】
  9月30日(水) ○2-●8:鉱工業生産、米ADP雇用統計、FRB議長挨拶
  10月 7日(水) ○3-●7:日銀会合結果、景気動向指数
  10月 8日(木) ○3-●7:機械受注、G20
  10月 9日(金) ○3-●7:オプションSQ

※○は「勝ち(前日比プラス)」、●は「負け(前日比マイナス)」を表し、例えば「○7-●3」は7勝3敗を意味します。

株探ニュース

日経平均