市場ニュース

戻る
2015年09月25日10時57分

【材料】ダスキンが反発、ダストコントロール商品やその他の事業好調で中間期業績を上方修正

ダスキン 【日足】
多機能チャートへ
ダスキン 【日中足】

 ダスキン<4665>が反発。買い優勢で始まり、高いところでは前日比83円高となる2144円まで値を飛ばす場面があった。
 同社は24日引け後、16年3月期の中間期連結業績予想の修正を発表。売上高は857億円(前年同期比2.5%増)から828億円(同1%減)に引き下げたものの、営業利益を19億円(同2.3%増)から26億円(同39.9%増)に、当期純利益を13億円(同11.5%減)から19億円(同29.3%増)に引き上げている。
 新年度のスタート時期に全国規模で実施した春のキャンペーン活動が功を奏したことから、ダストコントロール商品の売上高が計画を上回って推移し、レントオール事業等のその他の事業も好調。クリーン・ケアグループの売上高が上振れすることに伴う利益増加に加えて、販売促進費用の一部の使用時期を下半期に変更したことで、計画を上回る見込みとなった。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均