市場ニュース

戻る
2015年09月25日08時38分

【市況】25日の株式相場見通し=もち合い弱含みの推移、押し目買い意欲は限定的

 25日の東京株式市場は、引き続き外部要因に不安定さが残るなか、押し目買いの意欲は限定的と見込まれることから、もち合い弱含みの推移となりそうだ。日経平均株価は、続落を予想する。
 24日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比78.57ドル安の1万6201.32ドルと3日続落。欧州株式市場の軟調推移を受けて、米株式市場でも売りが先行する推移となった。また、建設機械大手のキャタピラーが取引開始前に15年12月期の売上高見通しを下方修正したことで、同社の株価が大きく下落したことも全般相場のムードを暗くする結果となった。ナスダック総合株価指数は、前日比18.266ポイント安の4734.478と3日続落した。
 25日早朝の外国為替市場では、1ドル=120円20銭台と、前日に比べて円安・ドル高での推移となっている。
 日程面では、9月の月例経済報告、8月の全国消費者物価指数、8月の企業向けサービス価格指数、8月の外食売上高、米アップル・新型スマートフォンのiPhone「6s」「6sプラス」発売に注目。海外では、米中首脳会談、米4~6月期のGDP確定値が焦点となる。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均