市場ニュース

戻る
2015年09月24日14時21分

【市況】国内大手証券、日経平均は11月前半ぐらいまで調整しても「調整は浅い可能性がある」と予想

 国内大手証券による日経平均のテクニカル分析では、先週末に13週移動平均線が26週移動平均線を下抜くデッドクロスが出現したことを受け、「11月前半ぐらいまで調整が続く可能性がある」と指摘。それでも、52週移動平均線が上昇を続けているため、長期的な上昇トレンドは維持、浅い調整の可能性があるとの見方で、日経平均の日足が上下どちらかに放れる時期は近づきつつあると解説。
 上値抵抗線を上抜ければ、25日移動平均線や9月9日ザラバ高値1万8770円や200日移動平均線を目指すと予想している。
《MK》

株探ニュース

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均