市場ニュース

戻る
2015年09月24日12時20分

【特集】3Dマトリックス Research Memo(11):成長ポテンシャルに関する見方に変わりはなし、リスクの顕在化に留意


■財務状況等及びリスク要因

(3)リスク要因

スリー・ディー・マトリックス<7777>の業績を見るうえでのリスク要因としては、大きく3つに分けることができる。第1に、開発パイプラインにおける製造販売承認に至るまでのスケジュールが、会社の想定どおりとならないリスクがあることである。これは治験の状況やその結果、及び承認申請を行う国ごとの医療制度などが影響する。実際、2015年4月期は、国内における止血材の承認申請取り下げが下方修正要因の1つとなった。

第2のリスクとしては、販売契約交渉が会社の想定どおりに進まないリスクが挙げられる。これも、2015年4月期の下方修正要因となったが、契約交渉は相手先の事情によって想定どおり進まない可能性もある。

第3のリスクとしては、医療技術の進歩によって同社が開発する製品を上回る性能を持つ競合品が出てくるリスクが考えられる。

現時点で、同社の主力製品である止血材の成長ポテンシャルに関する見方に変わりはないものの、こうしたリスクが顕在化した場合には、同社の業績計画に影響を及ぼす可能性があり、留意しておく必要があろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均