市場ニュース

戻る
2015年09月22日22時27分

【市況】【市場反応】米7月FHFA住宅価格指数


外為市場では予想を上振れた米国住宅指標を好感しドル売りやリスク回避の動きが一時後退した。ドル・円は119円80銭で下げ止まり、ユーロ・ドルは1.1160ドルとドルの高値圏で推移した。ユーロ・円は133円70銭前後で下げ止まっている。

米FHFA(連邦住宅金融局)が発表した7月FHFA住宅価格指数は前月比+0.6%と、市場予想+0.4%を上回り、2月以来で最大の伸びを記録した。

【経済指標】
・米・7月FHFA住宅価格指数:前月比+0.6%(予想:+0.4%、6月:+0.2%)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均