市場ニュース

戻る
2015年09月19日02時53分

【市況】NY金:反発で1137.80ドル、米利上げ見送り、株安、ドル安で買い


NY金は反発(COMEX金12月限終値:1137.80↑20.80)。1132.60ドルから一時1141.50ドルまで上昇した。前日の取引の終了後に、米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ見送りが発表されたこと。また、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長も10月利上げを特に示唆しなかったことを受けて、金が急速に買われた流れが18日も継続した。


また、日本、欧州で大幅な株安となり、米国株も下落スタートしたことで、安全資産としての買い需要。さらに、米国債利回りの低下が進み、ドル安傾向による割安感も、金の押し上げにつながった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均