市場ニュース

戻る
2015年09月18日13時02分

【材料】<後場の注目銘柄>=イオン、今期23%営業増益見込む

イオン 【日足】
多機能チャートへ
イオン 【日中足】

 イオン<8267>は地合い悪から9月8日に1617.5円まで売られたがその後は落ち着いた動き。信用倍率は0.57倍と、需給面からも時価近辺は注目できよう。

 GMS事業ではスポーツウエアなどの衣料品や家電や寝具などの住居余暇関連商品が好調に推移、SM事業でも市況高に対応したカット野菜の販売強化に取り組んでおり、7月度の連結営業収益は前期比20.2%増と好調に推移、今16年2月期の通期営業収益8兆円(前期比13.0%増)、営業利益1750億円(同23.8%増)達成へ向けて順調に推移している。ベトナムではハノイ1号店が10月に開店予定にあるなど海外での店舗展開も期待。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均