市場ニュース

戻る
2015年09月18日12時44分

【市況】日経平均は230円安で後場スタート、前引け値からやや下げ幅を縮小/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18202.08 (-230.19)
TOPIX  : 1472.24 (-19.67)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値からやや下げ幅を縮めて始まっている。ランチタイムの225先物は18050-18080円辺りでのこう着から、現物の後場スタート時には18100円をつけている。昼のバスケットは売りかいトントンとの観測。円相場は1ドル120円00-05銭辺りと円高に振れて推移している。

 セクターでは通信のみがプラスとなり、一方で鉄鋼、保険、ガラス土石、電気機器、機械、銀行、証券、海運、化学、卸売などが冴えない。売買代金上位ではトヨタ<7203>、メガバンク3行、三井物<8031>、第一生命<8750>、東電<9501>、ソニー<6758>、日産自<7201>、ファーストリテ<9983>などが冴えない。半面、KDDI<9433>、ソフトバンクグ<9984>、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>が揃って上昇。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均