市場ニュース

戻る
2015年09月18日11時06分

【市況】11時時点の日経平均は4日ぶり大幅反落、第一生命が5%超の下落


11時00分現在の日経平均株価は18195.67円(前日比236.60円安)で推移している。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利の据え置きが決定された。NYダウは、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の会見などを受けて一時急騰する場面もあったが、引けにかけて下げに転じ、65ドル安で取引を終えた。こうした流れを受けて、日経平均は156円安からスタートすると、一時18069.50円(同362.77円安)まで下落する場面があった。足元では18100円台後半でのもみ合いとなっている。

個別では、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、三井物産<8031>などが軟調。第一生命<8750>が5%超下落しているほか、ファナック<6954>や東芝<6502>は3%超の下げ。また、モリテックス<7714>、JDI<6740>、DMG森精機<6141>などが東証1部下落率上位となっている。一方、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>、OLC<4661>などが堅調。KDDI<9433>が4%超、7&IHD<3382>が3%超の上昇に。また、リソー教育<4714>、クスリのアオキ<3398>、一工薬<4461>などが東証1部上昇率上位となっている。

《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均