市場ニュース

戻る
2015年09月18日10時31分

【材料】中外薬が堅調、アバスチンを「進行・再発の子宮頸癌」に対する効能・効果で追加承認申請

中外薬 【日足】
多機能チャートへ
中外薬 【日中足】

 中外製薬<4519>が堅調。同社は17日、抗VEGF(血管内皮増殖因子)ヒト化モノクローナル抗体ベバシズマブ「販売名、アバスチン」の「進行・再発の子宮頸癌」に対する効能・効果追加の承認申請を厚生労働省に行ったことを発表した。今回の申請は、海外で実施された第3相臨床試験と国内第2相臨床試験の成績に基づいて行われたもの。国内で子宮頸がんの新規罹患患者数は年々増加しており、2015年から2019年の年間平均新規罹患患者数は1万600人と推計されている。

中外薬の株価は10時26分現在4000円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年09月18日 10時32分

【関連記事・情報】

日経平均