市場ニュース

戻る
2015年09月18日10時09分

【材料】五洋建設が小幅に続伸、国内大手証券は上期営業益が会社計画を大幅に上回ると予想

五洋建 【日足】
多機能チャートへ
五洋建 【日中足】

 五洋建設<1893>が小幅に続伸。きょうは、大和証券が同社の目標株価を引き上げたことが確認されている。
 同証券は、「16年3月期上期の連結営業利益は会社計画43億円を大幅に上回る公算が大きく、同証券では71億円(前年同期比2.2倍)と予想する」としている。また、今下期のプロジェクトで注目されるのは、東京港臨港道路(南北線)の海底トンネルだとしているほか、17年3月期には、東京港のエリアでクルーズターミナル、海の森水上競技場、晴海選手村の護岸改修などオリンピック関連工事が本格的に発注されると予想され、好環境が続くとの見解を示している。レーティングは「2(アウトパフォーム)」を継続し、目標株価は470円から600円へ引き上げられた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均