市場ニュース

戻る
2015年09月18日09時49分

【市況】日経平均は329円安、東証1部値上がりは175銘柄、値下がりは1648銘柄


09時46分時点の日経平均は前日比329.55円安の18102.72円。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利を据え置き。NYダウはイエレンFRB議長の会見などを受けて上昇する局面もみられたが、引けにかけて下げに転じるなど荒い値動きだった。シカゴ先物は大阪比200円安の18160円となり、これにさや寄せする格好で日経平均は反落スタートに。寄り付き後下げ幅を拡大し、その後18150円を挟んでのもみあいとなっていたが、さらに下げ幅を広げ一時362.77円安の18069.50をつけた。規模別株価指数では大型株が相対的に弱い。

東証1部の騰落状況は値上がり175銘柄、値下がり1648銘柄。値上がり上位銘柄は、リソー教育<4714>、キムラタン<8107>、クスリのアオキ<3398>、ネクスト<2120>、アリアケジャパン<2815>など。値下がり上位は、モリテックス<7714>、アシックス<7936>、DMG森精機<6141>、第一生命<8750>、JDI<6740>など。

【東証一部の騰落状況】
値上がり数 175
値下がり数 1648
変わらず 75
値付率 99.9%

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均